Mac Book Proに最適な外付けHDDはコレ!

お久しぶりでございます!

先週やっと念願の外付けHDDをGetしましたのでそのご報告☆

まず、私の環境ですが、

Mac book pro 2009 spring

2.66 GHz intel Core 2 Duo
4GB 1067 MHz DDR3
そして注目はHDDではなく、
SSD 256GB
というところです。
つまり容量はかなり少ない。
その代わりに、起動から数秒でOSが立ち上がる爆速Macとなっております。
その容量の少なさをカバーするために外付けHDDの検討をしておりました。
個人的な利用方法としては以下の通り。
・音楽、画像などを大量に保存できる
・映画の編集がかなり多いので、Final Cut Studioのソフトがさくさくできる
・できればRaid対応
・見た目がかっこいいw
・速度重視のためFirewire800は必須。そしてeSATAがあればなお嬉しい。

・2TB以上は欲しいけどコストパフォーマンスも。。。
FCP等でストレスなく使うには、HDDデータへのアクセスの早さが肝。最も有効な手段がRAIDの導入、そして高速インタフェース、特にeSATAが現状では素晴らしい早さを誇ります。

ということで探し求めた結果、こちらを選びました。

Western Digital My Book Studio Edition II

http://store.apple.com/jp/product/TW623J/A

(これは4TBのやつですが)
購入したのはなんとこちらの大手スーパーのSainsbury’sの通販。
お値段は190ポンド。
日本円で¥27530くらい。
そして
いよいよ開封!
ヽ(●´ε`●)ノ
中にはCD-ROMとケーブルが三種類。
・Firewire800
・Firewire400
・USB2.0
の三種類です。
eSATAはアダプタとともに別途買わねばなりません。
私はどうしても必要に迫られた時に(800で物足りなくなったら)買うつもりです。
こちらが背面。

昔のミニ四駆の中抜きのように通気性がよくなってます。

上から、

・スイッチ
・800
・400
・eSATA
・USB2.0
・DCジャック

となっております。
このマットなシルバーはMac book系とめちゃくちゃ合います!
ので横においてあってもすごく相性がいい☆

肝心の中身の方なのですが、このMBSEは2つのHDD内蔵でRAID 0モード搭載、しかもその設定もラクチンなのです!一般的に、ストライピングモードでいくつかのHDDにデータを分散する場合、なにやら設定が難しい場合が多くて、尻込みしてしまいます。(私もそうでした)。しかし、繋げた時からMacに最適化されているため、まさにプラグアンドプレイ状態なのです。先ほど取り上げたインターフェイスですが、それぞれの理論値は、
・Firewire800 =800Mbps
・Firewire400=400Mbps
・USB2.0=480Mbps

そして

・eSATA=3Gbps

です!

この差はすごい!

eSATAはまだ試せていないのですがFirewire800でも今のところ軽快に使用できています。firewire800はMacファミリーには必ずと言っていいほど採用されているので安心です。

しかし最新版のMac book proにはeSATAのアダプタをつける為のスロットがありません。かわりにSDカードスロットになってしまいました。ということは最新版を保有されているかたはeSATAの恩恵には授かれない・・・が、それを差し引いても800は使えるので、デザイン、スピード、容量、コストパフォーマンスどれもおすすめでございます!

ぜひ外付けHDDをお探しの方はご検討を!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。